Twitterフォロワー500!有り難うございます&裏ワザ的な増やし方



おはようございます高山です。


今回はタイトルの通り、Twitterのフォロワーが祝500アカウント☆を超えて、今書いてる時点では656アカウントになっています。フォローや何かしらのアクションをしてくださっている方々本当に有難うございます。運用している励みになります。


ここから先はTwitterをやっていて、どうしたらフォロワーが増えるかなー?と試行錯誤している方々に向けた内容になります。


フォロワーの増やし方に関してはググれば多すぎるくらいに情報があるので自分が書いたところで?というところもありますが、どこにも書いていないっぽい、独自の方法で増やしましたので(企業秘密的な部分もあるのでそこまで詳述はしませんが)ざっくりこの方法が出来るor合う方がいればと思い。


てな訳で、弊事務所の運用歴などを軽くさらしますと、今年の年初から始めて10ヶ月くらいで500フォロワーになりました(開設は2012年になってますがその後は完全に放置)。


「10ヶ月」と「500フォロワー」が早いのか、また、多いのかというと、これだけではもう、大したことはありません。


ただ、注目して頂きたいのはFF比(=フォロー/フォロワー)の比率です。


今現在フォローは4/656となっており、このFF比はかなりのレベルと言えるのではないかと思います。フォローしているアカウントもすぐ外してもしまえるアカウントのみ。[FF比656倍相当のアカウント]です。


では淡々と、どうやってそのようなアカウントを作ったかというと、これ、やる事は以下のみ


【やる事】

①事務所のサイト[長年自分がやってきたこと]に紐付け

②ひたすらいいねしまくる

③コメントには全部お返し

④節目で感謝企画


これだけです。


これだけなんですが、とあるネットを使った副業をしていた&のんびりしてもいる経験があった&あるので、事務所のアカウントどうするかなー?と言う時に立てた戦略があり、上記の方法と合わせてもう少し詳しく説明しますと〜


通常、新規アカウントのTwitterのフォロワーを増やそうとする場合よく用いられたり紹介されたりしている方法はと言えば


①めっちゃツイートする(質&量)

②めっちゃフォローしてはめっちゃ外す(相互アカ)

その他 とにかく頑張る


という、


無理とまでは言わないけどキツいでしょそれは…やりたくないしできるのかそんなもの…という方法ばかりです。


で、副業の方で相当な試行錯誤をしてきたという部分もあり、そんなこんなはもうやりたくない!と思って考えた戦略は、以下たったの二行


《戦略》

①フォローされてもフォローしない(今はすまん)

②その代わりに感謝企画などをする(ありがとう)


です。


どういうことかというと、Twitterは直接人と接するわけではない仮想空間上にあるです。そこに人がいるのかいないのかは見えづらい、あくまでITを使ったプラットフォーム。だが、しかし!その先には必ず人がいて、相互に人の心というものはちゃんと存在しているわけです。


なもので、その戦略の心は?というと〜


[仕組み]

①普通よりかFF比の高いアカウントを作る

②フォロワーが増えやすくなる

③倫理的に微妙なところがあるのでお返しする

④いい循環が生まれる


という話。これがどういうことかといいますと、


特に日本人に顕著と言われている「人間は権威やブランドに弱い」という部分と、人間って、何かしてもらったら返さなきゃ!となる、営業テクで言うところの「返報性の原理」を使いました。


Twitterフォロワーの一般的な増やし方って、簡単に言うと、何かしらの魅力や有益性のあるアカウントにするためにひたすら頑張れ。なんですが、


上記【やる事①】の[長年自分がやってきたこと]があれば、Twitterに紐付けをした時点で既に、少しでも並の人以上の魅力や有益性、つまり権威性やブランド性って多少なりともあるもので。


なので、【やる事②】その道のプロ以外で、まだアマチュアや学生、ただその分野に興味のある方々(ツイートにいいね0くらいのアカウントだと気付いてもらいやすいです)にいいねをしまくる。


すると、最初は少しづつだけどフォローしてくれる(けど、今はすまん!でフォロー返ししない)→FF比が高くなって権威性やブランド性が数字に表れるor上がる(フォロー0・フォロワー50くらいのアカウントにはすぐなります) 《戦略①》


で、そのままいいねしまくる→徐々にフォロバック率が上がる(30いいねで1フォロワー→10いいねで1フォロワー)わけです。なぜかって、FF比の高いアカウントがいいねしてくれたら、大袈裟に言えば松本人志があなたのアカウントにいいねしてくれたとしましょう。フォローしてくれてなくたって、おぉ!!と思ってフォロー返ししちゃいますよね?こんな人から!という返報性の原理を使う、この段階ではややズル賢い方法です。


で、まぁフォロワーの方々に対してのフォロー返しはしなくてもわるいことでもなんでもないわけではありますし、本当に魅力のあるアカウントがあった場合、こちら側もフォロー返ししたくなる訳ではありますが、Twitterってついついちょこちょこ見てしまって意識や時間を持ってかれてもしまう場合もあるので、そこをグググと我慢して、フォロワーがある程度増えるまでは0フォローくらいでもいいかもしれません。


とはいえ、自分のツイートに反応してくださる方がいたら【やる事③】くださったコメントには全て最低一回は返す ようにしています。単純にありがたいことだし、その後も興味を持ち続けてくれる可能性が高まるので、大切にしましょうという話。


で、更に♪フォローバックしておらずなんかちょっと得してしまっているようですいませんという小さくとも後ろめたい気持ちをありがとうに変えて相互に気持ちよく進んでいけるように【やる事④】フォロワーの方々への感謝企画をしてささやかであってもお返しする(自分は500フォロワーに達した時点で抽選でのRT企画をしたのですが、これからもいろいろやってくかと思いますのでお楽しみに)という次第。《戦略②》


そうすることによって、企画自体はそのTwitterアカウントの内容の軸になる内容に絡めたものでもそうでもなくてもいいとは思うのですが、そもそも何かしらの興味を持ってフォローしてくれた方々なので、発信する情報自体が何かネガティブなものでもない限りは ^_^ と受け取ってくれる可能性が高く、win-winの関係が築かれて、世の中的にいい循環が生まれるんじゃーないかと思っています。


以上、[フォロワーが増えやすいアカウントの作り方]の説明みたいになりましたが、これからTwitterを始めたり、増やしていきたいけどなかなか増えないと悩んでいる皆さんの一助にでもなれば幸いです。


(この方法は狡いと言えなくもない方法なので、公開しようか迷いましたが、元の何かがあってできる・かつ最終的にフォロワーの方々とwin-winになるのならいいんじゃないかというところで、公開しております。)


さて、FF比はさることながら、弊事務所は絶対的なフォロワー数としては業界&世代的には少なくはない方(なんで建築系ってその他業界と比べるとSNS超絶弱いの?といったことも時間のある時に記事しようと思っております)かなというところながら、Twitter界では1000フォロワーくらいになると一般的な域を超えたプチインフルエンサー、2000を超えるとTwitter利用者の上位10%くらいになるそうです。


1000を超えると、ツイート自体が拡散しやすくなってフォロワーが加速度的に増えやすくなるらしいのでこのテクニックは使わなくなるかもしれませんが、目下の目標はといえば1000→2000→10000フォロワーです。


意図的にフォロワーを増やそうとしたことは全くなかったにせよ、私的な一個人としてTwitterが流行り出した頃になんとなくやっていたアカウントは確か100人もいなかったもので、個人的に今現在の650人くらいでも、おぉぉ…というところではあり、数千人〜という人数の方々に事務所の活動に関する内容が届くようになったとしたら、嬉しくともそれなりに怖さも感じる気もするのですが…このブログにしても、人数という数字ではなく、見てくださっている一人一人に何かを伝えていくという姿勢で続けていければと思います。


書き始めたはいいものの、たまには背筋を伸ばして有益な可能性のある内容になるようにせねば!と頑張ってみたらまとめ切れず、先週分が空いてしまいましたが、、今回はこのくらいで!


Thank you for your reading.

アトリエゼロ代表 高山