Projects

​※掲載は主要なプロジェクトのみです。

( Residence X )​ 

(( House T ))   

( Small Library )​ 

 

Renewal HH   

協同デザインによるヴィンテージマンションのエントランス・応接間・廊下・サイン全般などの共用部改装計画。

A co-design renewal Project for a vintage apartment.

2020 -  竣工

所在地        :       東京都港区南麻布

主要用途       :       集合住宅

工事種別       :       改装

施工面積       :        440.7㎡ 

施主            :       広尾ホームズ管理組合 

仲介      :    株式会社Fourk

協同設計     :      株式会社Fourk

内装工事          :       K'S Deco

2020 - Built

Location                 :      Minamiazabu, MInato-ku, Tokyo

Usage                     :      Apartment

Category                :      Renovation

Floor Area              :      about 440.7 sqm

Client                      :      HIROO HOMES management association

Agent                      :      Fourk

Co-Design and Supervision  :  Fourk  

Construction         :       K'S DECO

写真準備中 / preparing photos
 

 

outil

カット用品〜環境に至る全てのものへのこだわりから、フランス語でoutil(=道具)という名の美容室の新装プロジェクト。

空間を贅沢に使った3つのカット席・入れ子状のキッズ専用スペース・落ち着いた雰囲気のシャンプーゾーン・こだわりあるテクスチュアやドライフラワーなどが散りばめられたディスプレイゾーンなどを計画。

クライアントと共に計数十種類に及ぶ中から素材を選定し、又、インテリアに至るすべての寸法のスタディを重ねた。

既存躯体を活かす床面のポリッシュコンクリートやスタティックな雰囲気のインテリアを配し、全体に'スーパーフラット'に通じるようなミニマルな印象を与えつつ、随所に無垢の木材や左官仕上げなど自然素材を与えることでスタイリッシュながらも心地の良い空間になるよう留意した。

 An interior project for “outil”; a hair salon conscious about everything from tools to the environment. Their name comes from the French word for tools.

 A roomy layout of 3 styling chairs, a boxed kid’s play area, a shampoo area with quiet ambience and a display zone decorated with dried flowers and thought-out textures were planned.

 Materials were selected with the clientfrom dozens of varieties and everything to the dimensions of furnitures were studied thoroughly.

 The polished concrete floor that took advantage of existing structure and the static furnitures create a minimal impression (an impression similar to that of “SUPERFLAT”). Also, by using solid wood and a plastering finish, a stylish and comfortable atmosphere was achieved.

0008_xlarge

2020 - 竣工

所在地        :       神奈川県大和市中央林間5-7-20 

主要用途       :       美容室

工事種別       :       新装

施工面積       :        42㎡ 

施主            :       ウティ 

仲介         :       高瀬要人(株式会社アズクリエイション)

設計監理    :       アトリエゼロ

内装工事          :       株式会社B-PROJECT

オーダー収納製作    :   ファニチャーメーカー株式会社

アクリル製作   :      株式会社アヴァンセ

A型看板製作     株式会社サインポスト

写真撮影              タカオカメラ

2020 - Built

Location          :       Chuorinkan,Yamato-shi,Kanagawa 

Usage              :       Hair salon

Category         :       Newly refurbished 

Floor Area       :       42 sqm

Client               :       outil 

Agent               :       Yoto Takase (AZ CREATION)

Design and Supervision  :  Atelier 0

Construction  :       B-PROJECT

Shelf                :       Furnituremaker

Custom-made acrylic  :   avancer

Signboard        SIGNPOST

Photo                   Takao Camera 

outil図面.png
 

Residence Y - TONE

マンションの一室のリノベーション。

3LDKのプログラムを10年〜先までの家族構成の変化にも対応できるよう再構成し、水回りも含めた全面改装を行った。

明度の高い玄関・廊下を通して→明度を抑えた色合いの寝室・書斎・洗面室&バスルーム・トイレ→明るめのリビング→明るい多目的ルームへ。

シークエンシャルに明→暗→明のグラデーションで各空間毎の用途に合わせた照度のメリハリを与え、全体として  明暗や色彩によるトーン(調子、音調)を奏でるような空間を目指した。

リビングと最も奥の多目的室は一続きの空間に近いようなカタチで利用できるよう天井高を可能な限り高く。

又、要望により、収納は住宅関係のセオリーである2倍近い容積を与えつつ、既存より広々とした雰囲気の中で寛げるような空間となるよう快適さ / 機能  を保てるよう水平・垂直方向共にギリギリのバランスまで調整した。

 A renovation project for a room in an apartment.

 Reassembling of the program was done so that the 3 bedroom apartment can handle change in family size over the next decade and more.

 The brightness of each room gradually changes according to the sequence and purpose of the rooms. From the bright hallway and corridor → the bedroom, study, bathroom and toilet with quiet tones → the luminous living room → the bright multipurpose room.

 The space was planned as if the sequences of illuminance and color are playing music in a tone.

 For the living room and multipurpose room to be utilized as a continuous space, the height of the ceiling was designed to be high as possible. 

 The client wished for large storage space. Therefore, storage space that was about double the size of normal apartment rooms was planned. For this storage space to coexist with spacious relaxed rooms, horizontal and vertical balances were carefully considered.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020 - 竣工

所在地        :       東京都杉並区和田 

主要用途       :       住居

工事種別       :       改修

施工面積       :       約60㎡ 

施主            :       H.Y

設計監理    :       アトリエゼロ

内装工事          :       株式会社B-PROJECT

オーダー収納製作   ファニチャーメーカー株式会社

写真撮影           :      タカオカメラ

2020 - Built

Location                 :      Wada, Suginami-ku, Tokyo

Usage                     :      Housing

Category                :      Renovation

Floor Area              :      about 60 sqm

Client                      :      H.Y

Design and Supervision  :  Atelier 0

Construction         :      B-PROJECT

Shelf, Cabinet.Cupboard  :   FurnitureMaker

Photo                      :      Takao Camera

 

​アトリエゼロ

Fuchu City Kyodo-no-Mori

Tourism Product Promotion Center

Photo : Yuri Eitai

広大な総合公園内に建つ公共複合施設、中市郷土の森観光物産館の改装プロジェト。

府中市観光の最も主要な歴史と伝統ある行事、「くらやみ祭り」をデザインテーマとした。

幅広い年代の方々が利用する施設のため、全体に高級感のある落ち着いたトーン (くらやみ=黒) を用いると同時にシンプルな雰囲気にすることで、施設全体としての一体感を演出すると同時に、老若男女問わず利

用しやすい施設とすることを目的とした。

什器で分断されていたスペースを解放することで、空間全体としての広がり・各コーナー毎の繋がりを感じられるような全体計画とし、また、従来のゾーニングを 情報提供コーナー / お土産品コーナー / 野菜コーナー  /  飲食コーナーの 4コーナーに分け利便性の向上を計った。施設内中央のボックスを使用することで季節商品陳列・講演会・音楽会・アート展示 など様々な用途としての利用も可能となっている。

 A renovation project for Fuchu City Kyodo-no-Mori Tourism Product Promotion Center; a public multipurpose facility located in a large city park. 

 The design theme was taken from Fuchu City’s major traditional event called “Kurayami Festival”. 

 The facility is used by people of various age, therefore a classy and  composed tone (Kurayami: darkness = black) was used and everything was kept simple. This decision was made to give the facility a sense of unity and for it to be easy to use for all people.

 

 Spaces that were divided by furniture were opened up for the area to feel more spacious and connected. Also, to increase convenience, sections were zoned into 4 departments: information department, souvenir department, vegetable department and eating / drinking department.

 

 The box in the central part of the facility can be used for displaying seasonal products, for lectures, for small concerts, for displaying art

pieces and so on. 

写真準備中 / preparing photos

2019 - 竣工  (+進行中)

所在地        :       東京都府中市是政6-32-10 

主要用途       :       公共複合施設

工事種別       :       改修

施工面積       :        305.26㎡ 

施主            :       府中観光協会 

                                 府中市郷土の森観光物産館

仲介         :       府中市経済観光課

​設計監理    :       アトリエゼロ

内装工事          :       株式会社B-PROJECT

アクリル製作   :      株式会社アヴァンセ

写真撮影           :      タカオカメラ(予定)

2019 -  Built  ( + On going )

Location           :     Koremasa, Fuchu-shi,Tokyo

Usage               :     Public Facilities                            

Floor Area        :     305.26 sqm

Client                :     府中観光協会   

            府中市郷土の森観光物産館

Agent                :     府中市経済観光課

Design and Supervision  :  Atelier 0

Construction   :     B-PROJECT

Custom-made Acrylic  :  avancer 

Photo                :     Takao Camera

 
Shop B  

​美容室のリニューアル案。

ユニークな造語からなる店名よりコンセプトを定め、ガラスブロックを主な素材として用いることを提案した。

複雑になりかねない導線を、サーブドスペース(顧客側)とサーバントスペース(従業員側)をY軸方向にまとめることにより解消・緩和することを図った。

また既存ではカット台4席+シャンプー台1席のフルオープンながらも、利用されていない空間を活用するため、オープン席・半個室(VIP ROOM)・多目的(Multi)スペースを設ける平面計画とした。

 A renewal proposal for a hair salon.

 

 The concept of the renewal was decided from the unique name of the shop which came from a coined word. Glass blocks were proposed as the main material.

 By arranging all the served space and

the servant space on a fixed y axis, the otherwise complicated flow of customer and staff was organized. 

 

 The existing layout has 4 styling chairs and 1 shampoo station in a fully open area. To utilize the unused space, a semi-private room (VIP room), and a multipurpose area was planned in addition to the open styling areas.

2017 -  未完

所在地        :       東京都品川区小山 

主要用途       :       美容室

工事種別       :       改修

施工面積       :       21.56㎡ 

施主            :       ー 

設計      :       アトリエゼロ

2017 - Unbuilt

Location         :       Koyama, Shinagawa-ku, Tokyo

Usage             :       Hair Salon

Floor Area      :       21.56㎡

Client              :       ー 

Design            :       Atelier 0 

 
Casa M 

​共同設計による全15戸からなる集合住宅のリノベーション。

建物ボリュームは東西方向に延びており、各居室は南面のみが主な採光となっていたため、室内には全体として明るく軽快な素材を用いた。

2DKの2部屋を一続きの空間に開放しつつパーティションを与えることで、リビングやベッドルームといった明確な境界なくフレキシブルに使用できる空間となっている。

ここでは間取りではなく、家具の配置が空間を定義する。

 A codesigned renovation project for an apartment building of 15 houses.

 The apartment building extended east to west and the rooms were only able to let in daylight from the south side. Therefore, light materials were used to brighten the rooms.

 By providing partitions to the connected two rooms, the rooms are flexible with no boundaries that mark particular rooms.

 

 For this reason, instead of the floor plan, the placement of furniture defines the rooms.

2016 -  竣工

所在地        :       神奈川県相模原市南区 

主要用途       :       集合住宅

工事種別       :       改修 

施主            :    某不動産会社

​仲介      :       GFO 

設計監理          :       GFO + Studio Cairn  

設計                  :       アトリエゼロ

2016 - Built

Location          :    Minami-ku, Sagamihara-shi,

                              kanagawa

Usage              :    Housing  Complex

Category         :    Renovation

Client               :    One Real Estatement Company

Agent               :    GFO

Design and Supervision   :   GFO + Studio Cairn

Design             :     Atelier 0

 
Horizon  

​マンションのリビングの内装デザイン。

機能↔︎美しさという、時に相反する2つ要素を対立させるのではなく、機能×美しさとなるよう、空間全体に水平の飾り棚を設けることを計画した。

棚それ自体が単に便利・快適というだけでなく、空間そのものを際立たせる装飾的役割を担う。

水平性という同じエレメントを与えたインテリアを配置することで居室空間としての統一感を演出する。

 An interior design project for a living room in an apartment.

 To realize both function and beauty, two factors that sometimes conflict, various horizontal display shelves were planned to surround the area.

 

 The shelves not only act as functional items but also as decorative items that set the atmosphere.

 Additionally, by assembling furniture with strong horizontal details, a sense of unity was acquired.

2016 -  未完

所在地        :       神奈川県川崎市宮前平 

主要用途       :       Housing

工事種別       :       新装

施工面積    :       31.92㎡ 

施主            :    Y.S 

​設計      :       アトリエゼロ

2016 - unbuilt

Location          :    Miyamaedaira, kawasaki-                                  shi, Knagawa                          Usage              :    Housing  

Category         :    Newly refurbished

Floor Area       :    31.92㎡

Client               :     Y.S    

Design             :     Atelier 0

 

House D - 2×2=5  

 

前庭への増築を含むリノベーション案。

既存ではリビングダイニングとなってい空間に隣接して一つのスペースを設けることで、この空間が広くなった一続きのリビングダイングのように使うことも、また、それぞれに新しいリビングスペース・ダイニングスペースとして分けて使うことも考慮して計画した。

床面を全面RCとすることで、季節によってはこの空間を開放し屋内からは庭の延長上のような空間として、屋外からは奥にある部屋の延長として捉えらるような中間領域となり、ゆったりと佇むことも、活用することもできるようなスペースとなることを意図した。

 A renovation project including an extension to the front yard.

 

 An area was added adjacent to the existing living/dining room. Considerations were made so that the extended space could be used as a spacious living/dining room or be used as a new living or dining room to separate the living/dining rooms.

 

 The floor was fully reinforced concrete. This made it so that, by opening the area (depending on the season), the area becomes an intermediate space where people can both relax and use practically; from the inside it can be perceived as an extended garden space and from the outside it can be perceived as an extended living/dining room. 

 

 

2015 -  未完

所在地     :       東京都世田谷区新町 

主要用途    :       住居

工事種別    :       改修 

施工面積    :       68.34㎡

施主         :    Y.S

設計      :       アトリエゼロ

施工      :       株式会社天山工務店

塗装      :       株式会社ぺイントクラブ

2016 - Unbuilt

Location         :     Shinmachi,Setagaya-ku,Tokyo

Usage             :      Housing  

Category        :      Renovation

Floor Area      :     68.34㎡   

Client              :      Y.S

Design            :      Atelier 0

Construction :      TENZAN

Painting          :​   Paint Club

Kujira-so

​三軒茶屋三角地帯、『空とミルク』に隣接するホットドッグ店『クジラ荘』の内装設計。

飲食店として使われていた旧店舗の業態変更に伴い、居抜き内装のリニューアルの企画・デザインコンサルテーション・製図を行った。

店舗としてのパフォーマンスを最大限引き出せるよう飲食スペース/キッチンの面積の割合に注意を払い、また、人気店となるような仕掛けを提案した。

 An interior design project for the hotdog shop “Kujira-so”; a shop adjacent to “Sora-to-miruku” in Sangen-jaya Sankakuchitai

 The site was previously a restaurant. Therefore, the planning, design consultation and drafting was done to transform the site into a hotdog shop by making use of some of the former furnishings. 

 

 The ratio of eating space and kitchen space was carefully considered for the shop to achieve its full potential. Also, coloring suggestions were made to help the shop earn popularity.

2014 -  竣工

所在地     :       東京都世田谷区三軒茶屋 

主要用途    :       飲食店

工事種別    :       改修

施工面積       :       ー 

施主         :    K.S

設計      :       アトリエゼロ 

2014 -  Built

Location         :     Sangenchaya,setagaya-ku,Tokyo

Usage             :      Restaurant

Category        :      Renovation

Floor Area      :     ー 

Client              :      Y.S

Design            :      Atelier 0

 
Line Desk   

シェアオフィスの一室のために製作されたデスク。空間を広く使いたいという要望に沿い、全体に柔らかい印象を与える伸びやかな曲線を用いた。

特殊な工期と予算の制約の中で、全部材を構造用としても用いられるOSB合板で構成し、天板の梁となる部材と10本の同じ形のL型の脚を組み手にして強度を持たせた。

S型とL型から構成される天板の一部は外部バルコニーに出られるよう開閉式になっており、つなげると1枚の帯のようになりフリーアクセスフロアとしての利用も可能となっている。

 A desk for a room in a shared office. Relaxed curves with soft impressions were used to fulfill the client‘s request for an open area.

 

 To make do with limited time and budget, the desk was fully constructed from OSB (a type of wooden structural board). The beams that support the top board and 10 L-shaped legs were connected by wooden joints for sturdiness. 

 

 Between the S and L shaped top board, there is a part where the top board can be opened. This enables access to the balcony while still having a long and spacious area for people to work and study on.

2014 -  完成

所在地     :       東京都世田谷区三宿 

主要用途    :       オフィス

工事種別    :       新装 

施工面積    :       8.7㎡

施主         :    株式会社GB

設計      :       アトリエゼロ

共同設計    :       吉良貴之       

写真撮影    :       永躰侑里

2014 -  Built

Location         :     Mishuku,Setagaya-ku,Tokyo

Usage             :      Office  

Category        :      Newly Refurbished

Floor Area      :      8.7㎡   

Client              :      GB,inc

Design            :      Atelier 0

Co-desing      :      Takayuki Kira

Photo             :      Yuri Eitai

Shell Lamp

​バーのランプ製作。

白をベースにほんのりとピンク色が入り混じるイタヤガイを利用して製作。

パースペクティブをかけ店内が広く見えるようS・M・Lそれぞれの外径が250mm・350mm・450mmの球体を提案した。

一定の強度を持たせるため構造体となる針金の数ミリに至るまでを検討し、また、バーという性格上、人がぶつかっても問題ないよう照明器具部分とシェード部分を剛で固定せず、可動し​揺らぐような仕組みとした。

 A design project of a lamp for a bar.

 White Pectinidae with a hint of pink was used.  

 

 Spheres of three different sizes (outer diameter of S:250mm, M:350mm, L:450mm) were suggested to make the bar feel roomier in perspective.

 Dimensions of wire that consisted the structure were studied up to the millimeters for sturdiness. Plus, taking the lamps location into consideration, the lighting equipment and the lamp shade was connected so it can sway when people come into contact with it.

2013 - 完成

所在地    :   東京都世田谷区三軒茶屋

主要用途   :   飲食店 ( バー )

施主     :   A.M

設計     :   アトリエゼロ

2013 - Built

Location       :   東京都世田谷区三軒茶屋

Usage           :   Restaurant (Bar) 

Client            :   A.M 

Design          :   Atelier 0

​↑  Atelier 0

Google Japan phase3,4

​六本木ヒルズ内のIT企業のオフィス内装設計プロジェクト。後半のフェーズより一部参加。

世界中から訪問者が集まるため「和」をデザインコンセプトに、日本の古建築に見られる軒・庇・襖・格子・提灯などのエッセンスや屋台・銭湯といったアイコンをオフィス空間として適用、リバイバルさせた。

 An interior design project for an IT company’s office. Took part in the final phases.   

 

 To welcome visitors from all around the world, the design concept was “Wa” (a word for Japanese style and culture). Essence of details and components that are seen in traditional Japanese architecture, such as eaves, fusumas (Japanese traditional sliding doors), lattices and lanterns, were applied.

 Also, iconic features such as Japanese style food stalls and public bathes were adapted to fit the office.

写真準備中 / preparing photos

2011 - 竣工

所在地    :   東京都港区六本木  

主要用途   :   オフィス 

施主     :   グーグル合同会社

2011 - Built

Location       :   東京都港区六本木

Usage           :   Office

Client            :   Google LLC

​↑ Klein Dytham architecture

House S

​三世帯住宅の設計。所長の助手としてクライアントミーティング〜設計〜現場監理まで参加。

​都心に位置するため、一般的に想起される横(水平)に広がる複数世帯住居ではなく、ペントハウスを含む屋上・地上4層・地下1層に及ぶ、エレベーターを有する縦(垂直)に展開された現代的な複数世帯住居。

一見してRC打放しのようなシンプルな印象を与えるが、ファサードは全面RC斫り(はつり)仕上げ・希少な建材である赤トラバーチン・オリジナルの照明器具・計算されたスリット・最高グレードのファシリティーなどを要所に用いることによりさりげない格式高さ・高級感が与えられている。

また、ファサードのややクローズドな表情とは対照的に、内部高層階からは周辺のエリアが一望できるよう開口が最大限に確保されている。

 A project for a three-generation house. As an assistant of chief architect, took part in client meetings, designing and site directing.

 The site was located in an urban area, thus instead of a prevalent horizontally expanded multi-generation house, a vertically expanded house was planned. A modern 4 story house complete with a basement, penthouse and an elevator to connect the floors.

 

 At first glance, the residential build gives off a simple impression of exposed concrete. However, the house consists of a façade with chipped concrete finish, red travertine (a rare building material) components, original lighting equipment, calculated lighting slits and top-class facilities. These factors gave the house subtle prestigiousness and luxury.

 

 Also, in contrast of the façade’s closed impression, top floors have openings that were designed to be large as possible to enjoy the view of surrounding areas. 

1/2
2009 - 竣工

所在地    :   東京都新宿区市谷薬王寺町

主要用途   :   集合住宅 

施工面積      :   723.2㎡

2009 - Built

Location          :   東京都新宿区市谷

Usage              :    Houing Complex

Floor Area       :    723.2 sqm

​↑ design ooyama Ltd